少女椿 感想

少女椿の原作、映画共に見させて頂きました。私は映画を先に見てから原作である漫画の方を見ました。

 

まず漫画版少女椿の感想なんですが、漫画版はストーリー性よりも絵の綺麗さが優先されてると思いました。

カナブンが目を舐められているコマもストーリーの一部って言うより1枚の絵として見れると思います。あと、最初の方のみどりが鶏を食いちぎっているとことか。

みどりのゲロシーンも全然不快さがありませんでした。寧ろ綺麗でした。

ともかく一コマ一コマ綺麗でした。

たまにギャグが入るのもびっくりしましたね。すごい予想外でした。

目糞 耳糞 鼻糞 歯糞 花のイカサマぶらさげて 裸電球ブヨブヨ 頭の中は膿だらけ キンランドンスで一旗上げて おっ立つマラを握り締め 楽屋でオカマを掘っている なんて毛深い夜なんだ 尻を出したら蛇になる 腰をふったら猿になる みっともなくてごめんなさい なさけなくってごめんなさい 

この最後の「みっともなくてごめんなさい なさけなくってごめんなさい 」って部分、誰に謝ってるかどう解釈もとれると思いました。客に言ってるのか、もしくは赤猫座の人達、父母、誰に宛てた言葉でもないのかも。

でも結局私は父母に宛てた言葉と受け取りました。本当は誰になんでしょうか。

最後の方は映画と違っていたので新鮮みがありました。永遠ループ怖い。

みどりがやっと幸せになれる!って思ったところでこの転落。そら泣きたくもなりますよね。

漫画版は全部が全部良かったです。絵が最高。

 

次は映画の感想なんですが、映画版は原作の内容をより分かりやすく補足している感じでした。漫画読んでから見た方が良かったなぁって思いました。そういう解釈もあるのかって考える余地もありますし。

キャスティングは良かったと思います。特にワンダー正光はすごいピッタリ。

でもカナブンがすごい…なんか……ゆめかわいい?サブカル?くさかったです。

確かに武瑠さんのカナブンは少年っていうより青年ですしあのブルマ&タイツは合わないかもしれませんね。

服装と喋り方も相まって儚く見えました。

 

ラストは表現的にアウトだったからか全く違う内容で正直、面白くなかったです。

なんか世界観ぶち壊してみましたって感じで嫌でした。結局オチは一緒でしたが。

 

映画版は、鞭棄がみどりの体を足で引き寄せる(抱き寄せる?)シーンがすごいいいなと思いました。ここのシーンが一番好きです。

やっぱり動くのと止まったままの絵とは全然違います。

 

 

 

 

女坑主 感想

少女地獄収録「女坑主」を読みました。

 

この作品を読んで、改めて夢野先生はキャラのたて方が上手いなと思いました。

特に維倉門太郎君が良いですね。読めば読むほど維倉門太郎が好きになります。

 すごい素直でかわいい青年です。

若くしてこの世に絶望しきっており、自分の命を早く捨てたがっているのも良いですね。

あと眉香子未亡人から逃げるシーンではすごい男の子らしさが出てるんですけど、その後に女中との接し方が紳士的で落ち着いているのがグッと来ますね。最高です。

 

四人に囲まれてから未亡人と2人きりになって、「死にたくても死ねないようにして差し上げるって申しましたことおわかりになりまして?」と言うまで何も喋らないところもたまりません。

この黙りこくっている間、何を考えていたのか、どういう表情で話を聞いていたのか。それを考えるだけでワクワクします。

唇から血がふき出るなんて余っ程悔しかったんでしょう。かなりの負けず嫌いっぽいですよね。最後の最後で未亡人が「あなたみたいな可愛いお人形さんに殺されるなら本望」と言っているのもなめられていて中々悔しいだろうなぁと思います。プライドも高そうだし地味に傷ついてそうですよね。未亡人容赦ないな…

 

話が行ったり来たりで申し訳ないんですが、最初の方で未亡人と維倉青年のたわいもない会話は見てて楽しいんですけど、段々話しているうちにお互いのことを探り探りに話しているのも面白いです。

「恋愛なんて……恋愛なんて……ハハハ。恋愛なんて何でもないじゃないですか。ほんの一時の欲望じゃないですか。永遠の愛なんてものは男と女とが都合によって……お互いに許し合いましょうね……といった口約束みたいなもんじゃないですか。お金のかからない遊蕩じゃないですか」
「まあ。ヒドイことをいうのね」
「当り前ですよ。この世の中はソンナ様な神秘めかした嘘言ばっかりでみちみちているんですよ。だから何もかもブチ壊してみたくなるのです。何もない空からっぽの真実の世界に返してみたくなるのです」

この会話を見ていると維倉青年の話はあながち間違ってはないとは思いますが、正論では無いかなぁという感じですね。

この考えがあったからこそ特攻なんて出来たんですよね。

もう一つ好きな会話があるんですが、

「あるわ。論より証拠、貴方に死ぬのをイヤにならせて見せましょうか」
「ええ。どうぞ……」
「きっと……よござんすか」
「しかし……しかしそれは一時のことでしょうよ。明日になったら僕はまたキット死にたくなるんですよ。今までに何度も何度も体験しているんですからね。ハハハハ」

ここ。ここです。

何処までも救えない青年なんだって思います。冷めてるなぁ。

女坑主に別ルートがあるなら維倉青年には素敵な恋愛して欲しいなって思っちゃいますね…。

誰か救ってあげてってなりますね。シクシク…

 

全体の感想としては、自分も維倉青年と同じく未亡人に騙されっぱなしでした。流石銀幕スターだっただけありますね。

でも逆に維倉青年の話を聞き、悲観している時は未亡人の方に感情移入しました。

ハラハラして面白かったです。

維倉青年の価値観も色々考えさせられることがあったし、夢野先生の未亡人に対する体の表現が凄いなぁと思いました。文章だけで艶めかしさや色気が感じ取れました。

 

あと、夢野先生の「創作人物の名前について」を読んだんですけどやっぱり名前に関してすごい思い入れがある人だと思いました。

「何んでもない」の主人公、姫草ユリ子も名前からして美しさや儚さが出ていて素晴らしいと思います。「女坑主」の新張眉香子は色気が漂っていて、ユリ子よりも若干大人っぽさがある名前ですね。やっぱり名前は実在人物だろうが創作人物だろうが大切だと思いました。

 

 

人の顔 感想

爬虫館事件収録、夢野久作「人の顔」読みました。

まず最初は、チエ子の言動や瞳が大きく肌が白いという外見も相俟って不気味な印象を受けました。
しかし物語を進めて行くと、「チョコチョコ」という歩く音、母に冷たく接され泣き喚く姿、やっぱり年相応だなと思います。かわいいな〜

あとは活動活動と言っているのを見て、何のことかサッパリだったんですが映画のことを指していたんですね。かつて映画を活動写真と呼んでいたことかららしいです。今ではそういう表現は聞かないので勉強になりました。

「オイ飯だ飯だ。貴様も早く仕舞って支度をしろ。これから三人で活動を見に行くんだ」
「エ…………」
「活動を見にゆくんだ……四谷に……」
 お給仕盆をさし出しかけていた母親の顔がみるみる暗くなった。

父が3人で活動に行くと言った時、母が不調を訴えてはじめは何故活動に行くのを底まで嫌がるのか分かりませんでしたが、純粋にまたあの通りでチエ子がオジサマの話をし出すのを避けたのでしょう。個人の考えですが。

それでもチエ子は帰り道で父に言っていましたね。
まだ子どもにはいけないことと言う認識が無いので話の話題になればという気持ちで言ったのかな。でも1度注意されたからそれは無いかなぁ。発見を聞いて欲しかっただけかもしれません。こういう点に置いては子どもらしいです。
チエ子は人の顔が見えてしまうことについては怖くないのですね。眠れないのを話していた時は顔よりも夜になると周りの灯が消えてしまうことについて驚いていましたし。物心がついた頃から見えていたのでしょうか?チエ子にとってはもう切っても切れない現象なのでしょうか?

そうして、云いわけをするかのようにモジモジと、小さな指をさし上げた。
「……こないだは……アソコに……お父さまのお顔があったのよ……」

あとこのチエ子の発言には首をかしげました。
これは父親へのフォロー?チエ子にとっては言い訳だったのでしょうか?
このセリフがラストシーンなのも気になりました。
ここから後の修羅場は自分で想像しろという意があるんですかね。
ラストが1番気になります。

詳しく調べてみたら、チエ子の人の顔が見えるのはパレイドニアというものだという考えに落ちつきました。

あと簡単な感想はこの歪な関係、チエ子の不気味なところや子どもらしい純粋さが良かったです。

はねろ!コイキング 6


f:id:kerokopako:20170529071352j:image

おはようございます。シマキングです。

成長したことにより、白オンリーの錦柄では無く白黒混合の錦柄と判明致しました。

 

しかしシマキング、きのみをとろうとした際に連れ去られてしまいました。不幸中の不幸です。
f:id:kerokopako:20170529071508j:image

私もこうゆう形での引退を見るのは初めてなので、申し訳ないのですが少々興味を注がれました。

こんな最高に頭の悪い引退の仕方があるのかよと思いましたが、シマキングも故意的ではないのでまぁしょうがないという感じです。

今のはダジャレです。


f:id:kerokopako:20170529071756j:image

 

 

 

 

 と言うことで6代目シマキング、戦いの味を知らずに引退です。今までのとっくんの意味を為せませんでした。


f:id:kerokopako:20170529072007j:image

この引退後の画面もいつもはトレーナーとコイキング、という絵面なのに今回は連れ去られたので1人です。

惜しい人を亡くしました。

 

しかしこの後、7代目を釣る直前に町長が「後のことはワシに任せておけ」的なニュアンスのことを言っていました。コレって死体処理のこと指してるのか…?

 

 

 

(普通に考えたら連れ去られたコイキングを連れ戻しに行くってことですね)

 

 

はねろ!コイキング

はねろ!コイキング 5

こんにちは。

前回けちょんけちょんにdisったコイキングですが、今日は頑張りを見せつけてくれました。

f:id:kerokopako:20170528130350j:image

私たちは何も思っていなくても、コイキングの中で何か考えが変わったのかもしれませんね。

こんな間抜け顔でもコイキングコイキングなりに色々な事を考えているのでしょう。


f:id:kerokopako:20170528130759j:image
f:id:kerokopako:20170528130809j:image

これはコイキングが何かしら見つけたシリーズです。いつも有難いです。

 

コイキングはぼーっとしているようですが、こうゆう事には鋭いですね。

コイキングピジョンのエサにもなってしまうので、私達人間よりも死を予想しづらく、死に敏感なんだろうなって思います。

こう考えると儚いですね。

まぁ未だ1度もピジョンに食べられたコイキングは居ないんですけども。

 

f:id:kerokopako:20170528130941j:image

そして、ヘビーリーグにも挑戦しました。

5回戦まで順調だったんですが、悲しい事に5回戦で敗れてしまいました。

ピカチュウニャビーの声援に応えられず、心が苦しいです。


f:id:kerokopako:20170528131838j:image

f:id:kerokopako:20170528131747j:image

 

 時は残酷に過ぎ、もう世代交代です。

これで6代目ですね。


f:id:kerokopako:20170528132022j:image

6代目は錦柄、2代目ニシキングと同じ柄です。

名前をニシキングにするのも被るし面白みが無いので、しましまにも見えんことは無いからシマキングに致しました。

シマキングです。

 

あと、これからは3の倍数と3のつく数字の代はバカな名前にしようと思いましたが、意外と代が切り替わるのが早いので30代目あたりまで行くと流石にバカな名前ばっかで逆につまらないなと思いました。

なので33とか30とか3が強めの代にだけ、バカな名前にしようと考えております。

よろしくお願いします。

 


f:id:kerokopako:20170528132632j:image

話は戻ってシマキング、他と比べて積極的な行動力の持ち主であろうと思います。

 

 しかし、それ故のトラブルも起こりました。
f:id:kerokopako:20170528133042j:image

この後ピカチュウピジョンを追っ払ってくれたので良かったんですが本当に危なっかしいですね。見ててイライラします。

 

 

ということで今日はここらで終わらせておきます。

最近は文より画像頼りな気がしなくもないんですが、文章をつらつら書けるようになるまでは画像が多くなると思います。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

 

はねろ!コイキング

 

 

はねろ!コイキング 4


f:id:kerokopako:20170527090202j:image

やっとクイックリーグを制覇しました。

2・3・4代までに渡ってリーグをやっと制覇しました。長い道のりでしたね。


そして5代目。5代目は中々神経の図太い屑でした。
f:id:kerokopako:20170527090425j:imagef:id:kerokopako:20170527090530j:imagef:id:kerokopako:20170527090518j:image

本当にこの3枚の画像見る限り最悪ですよね。でも3枚目のセリフ表示された時、逃げたなって思ってたんですけどいけすに戻るとコイキングはいたので一気に愛おしくなりましたね。

 

 

あと、いけすにポッチャマニャビーが増えました。
f:id:kerokopako:20170527090859j:image

ポッチャマっていけすの外じゃなくて中にいるタイプなんですね。

ピカチュウニャビーポッチャマのスリーショット撮りたかったんですが無理っぽいので断念しました。

 

 あんまり最近話す内容が無いのでスカスカなんですが、リーグ制覇した際に新しい背景が増えました。

冬景色って感じです。ポッチャマと冬景色のコラボレーション、合い過ぎてヤバいと思いました。ポッチャマの為の背景だろコレって感じです。

 

それではまた。

 

はねろ!コイキング

 

はねろ!コイキング 3


3代目、遂に引退です。
f:id:kerokopako:20170526070412j:image

今回のは暇な時間を潰す為にいじってたらいつの間のかレベルマックスになって知らん間に引退試合が始まってたので正直1ミリも思い入れありません。勝手にやってろ

f:id:kerokopako:20170526070422j:image

でも、やっぱり今の代と次の代とが並ぶとうるっと来ました。

ちなみに4代目はノーマルでした。名前はムシキングです。面白いから。

 


f:id:kerokopako:20170526070918j:image

そして新しいとっくんも増やしました。イシズマイ押しです。

書いた字の如く、イシズマイを押すだけです。かわいい。

f:id:kerokopako:20170526071831j:image

そして成長したら柄がハッキリしてきました。骨模様ですね。

今回ので成長しないと柄が分からない種類もいるのを学びました。

 

あと余談なんですが、町長がチュートリアルのようなものでいけすの外にたくさんポケモンを配置しているのを見てめちゃくちゃカワイイと思いました。アレ、私もやりたいのでいけすの外を賑やかにするまではやめません。頑張ります。

 

Jumping!Magikarp