少åĨŗ地į„ 感æƒŗ

少åĨŗ地į„ã¨č¨€ã„ã¤ã¤ã‚‚ã€ããŽä¸­ãŽã€ŒäŊ•ã‚“でもį„Ąã„」ぎ感æƒŗです。

äŊ•å›žč¨€ã†ã‚“だよãŖãĻ思うかもしれãĒいですが、ぞずå¤ĸ野äŊœå“ãŽį™ģå ´äēēį‰ŠãŖãĻ名前がすãŖã”ã„č‰¯ã„ã€‚äģŠå›žã‚‚č‰¯ã‹ãŖたです。「å§Ģ草ãƒĻãƒĒ子」ãŖãĻ一文字一文字清æŊ”感がありぞすよね。名前だけでもįļēéē—で儚くãĻ愛åŦŒãŽã‚る可愛らしい小娘だãŖãĻã˛ã—ã˛ã—ã¨äŧã‚ãŖãĻくるし、æœŦåŊ“ãĢ厌į’§ã ã¨æ€ã†ã€‚こぎ「å§Ģ草ãƒĻãƒĒ子」という名前をčĻĒから名äģ˜ã‘られたんじゃãĒくãĻ、ãƒĻãƒĒ子č‡ĒčēĢがæąēめたãŖãĻč¨€ã†ãŽã‚‚ あ〜ãƒĻãƒĒ子らしいãĒ〜ãŖãĻ。こんãĒ名前ãŖãĻčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“ぎ時į‚šã§äģ˜ã‘られãĒいじゃãĒいですか。ある意å‘ŗãƒĻãƒĒ子だけぎį‰šæ¨Šã§ã™ã‚ˆã­ã€‚

 

こぎäŊœå“ã¯æ›¸į°ĄäŊ“でãģãŧ書かれãĻãĻ、éē書とかč‡ŧæĩ先į”ŸãŽæ‰‹į´™ãŒããŽãžã‚“ぞäŊœå“ãŽä¸€éƒ¨ã¨ã—ãĻįĩ„ãŋå…ĨれられãĻるぎéĸį™ŊいãĒãŖãĻ思いぞす。

ãƒĻãƒĒ子ぎéē書ãĢ書かれたæ—Ĩäģ˜ã‘と、ãƒĻãƒĒå­ãŒã†ãã‚’ã¤ãã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいるæ—Ĩäģ˜ã€‚こぎäēŒã¤ãŒãģãŧ一įˇ’ãĒんですよね。ãƒĻãƒĒ子がæ­ģんだãŖãĻいうäē‹åŽŸã¯ã‚るんですけお、やãŖãąã‚Šæ­ģさえもãƒĻãƒĒ子ぎ嘘だと思ãŖãĻしぞいぞす。原はäģŠã‚‚おこかでãƒĻãƒĒ子がį”Ÿãįļšã‘ãĻいる可čƒŊ性もį„Ąã„ã¨ã¯č¨€ãˆãĒいãŖãĻことですよねâ€Ļâ€Ļ

それãĢãƒĻãƒĒ子ぎéē書ãŖãĻ全äŊ“įš„ãĢ嘘をついたことをåĻ厚しãĻるんですよね。清々しいくらいしらばãŖくれãĻる。嚴がバãƒŦた垌でもč‡Ē分ぎことを少åĨŗとč˛Ģき通すぎがすごいãƒĻãƒĒ子ãŖãĻ感じ。éē書でもč‡Ē分がįžŽã—い少åĨŗでいたいというぎがあるんでしょう。æ­ģんでしぞえばæ­ŗをとらず、永遠ãĢ少åĨŗぎぞぞぎå§Ģ草ãƒĻãƒĒ子でいられぞすしね。

æ­ģ因もéē書と原際では違いぞすね。あれはおういう意å›ŗでâ€ĻãŖãĻ思いぞす。æœŦåŊ“これだけはよく分かりぞせんでした。

でも、æ­ģãŦ間際ぎ最垌ぎ最垌ぞで嘘をつきįļšã‘ã‚‹ãŖãĻįĩæ§‹į‹‚気ですよâ€ĻãƒĻãƒĒ子â€Ļâ€Ļ

 

 

 

そしãĻčŠąãŽæœ€åžŒã¯č‡ŧæĩ先į”ŸãŽæ‰‹į´™ã§ã€†ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚“ですが、

åŊŧåĨŗは原ãĢ、äŊ•ã§ã‚‚ãĒいäē‹ãĢč‹Ļしんで、äŊ•ã§ã‚‚ãĒいäē‹ãĢæ­ģã‚“ã§čĄŒãŖたぎです。
 åŊŧåĨŗをį”Ÿã‹ã—たぎはįŠēæƒŗです。åŊŧåĨŗをæŽēしたぎもįŠēæƒŗです。
 ただそれだけです。

これæœŦåŊ“ãĢそぎ通りだãĒãŖãĻ思いぞす。č‡Ē分からæŗĨæ˛ŧãĢåĩŒãŖãĻいくようãĒ。一つ嘘をつけば、そぎ嘘がバãƒŦãĒいようãĢ更ãĢ嘘をつく、というį„Ąé–“åĨˆčŊですよねâ€Ļįĩ‚わりがãĒいからこそč‡Ēらæ­ģを選んでįĩ‚わらせたぎでしょう。

 

 

 さようãĒら。
 åŊŧåĨŗぎためãĢįĨˆãŖãĻ下さい。

äŊœå“ãŽæœ€åžŒãŽæ–‡ãĢこれを持ãŖãĻくるぎもįļēéē—ãĒįĩ‚わり斚だと思いぞした。

æĨ世ではãƒĻãƒĒ子が嚸せãĒ少åĨŗとしãĻį”Ÿãã‚‹ã“ã¨ã‚’éĄ˜ãŖãĻįĨˆã‚‹ã€‚

äēēをたくさん騙したãƒĻãƒĒ子だけお、栚はæ‚Ēい子じゃãĒいんですよね。やãŖãąã‚Šã€‚

č‡ŧæĩ先į”Ÿã‚‚ãƒĻãƒĒ子ぎことを憎めãĒいんだと思いぞす。あぎ明るくäēēãĢåĨŊかれる性æ ŧや、įœ‹č­ˇåŠĻとしãĻãŽč…•å‰ã‚‚å˜˜ãĒんかじゃãĒくãĻ、åŊŧåĨŗč‡ĒčēĢぎåŠĒ力ãĒんですよ。

 

čŠąã¯å¤‰ã‚ã‚Šãžã™ãŒã€čŠąãŽįĩ‚į›¤ãĢåˇŽã—æŽ›ã‹ãŖãĻčĄŒã‘ã°čĄŒããģおボロがå‡ēãĻきãĻč‡ŧæĩ先į”ŸãĢå‘†ã‚Œã‚‰ã‚Œã€é…ˇãæģ‘į¨ŊãĒ様がį›ŽįĢ‹ãĄãžã™ã€‚こういうæĨずかしい部分があãŖãĻã€å¤ąæ•—ã—ãĻ情けãĒい所を晒しãĻいるäēē間らしさがあるから、į§ã¯å§Ģ草ãƒĻãƒĒ子がåĨŊきです。ãĒんでもかんでもå‡ēæĨãĻしぞう夊才įœ‹č­ˇåŠĻじゃãĒくãĻ、æœŦåŊ“ã¯č–„æąšããĻčŖãŒã‚る嘘つきãĒįœ‹č­ˇåŠĻとしãĻčŠąãŒįĩ‚ã‚ã‚‹ãŽãŒč‰¯ã‹ãŖたです。

少åĨŗæ¤ŋをčĻŗぞした

少åĨŗæ¤ŋぎ原äŊœã€æ˜ į”ģå…ąãĢčĻ‹ã•ã›ãĻ頂きぞした。į§ã¯æ˜ į”ģを先ãĢčĻ‹ãĻから原äŊœã§ã‚ã‚‹æŧĢį”ģぎ斚をčĻ‹ãžã—た。

 

ぞずæŧĢį”ģį‰ˆå°‘åĨŗæ¤ŋぎ感æƒŗãĒんですが、æŧĢį”ģį‰ˆã¯ã‚šãƒˆãƒŧãƒĒãƒŧ性よりもįĩĩぎįļēéē—さがå„Ē先されãĻると思いぞした。

ã‚Ģナブãƒŗがį›Žã‚’čˆã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいるã‚ŗマも゚トãƒŧãƒĒãƒŧぎ一部ãŖãĻč¨€ã†ã‚ˆã‚Š1枚ぎįĩĩとしãĻčĻ‹ã‚Œãžã™ã€‚あと、最初ぎ斚ぎãŋおりがéļã‚’éŖŸã„ãĄãŽãŖãĻいるとことか。

ãŋãŠã‚ŠãŽã‚˛ãƒ­ã‚ˇãƒŧãƒŗも全į„ļ不åŋĢさがありぞせんでした。

そしãĻたぞãĢã‚ŽãƒŖグがå…ĨるぎもãŗãŖくりしぞした。äēˆæƒŗ外。

 

あと、最初ãĢã‚ã‚‹čŠŠãŽã€ŒãŋãŖともãĒくãĻごめんãĒさい ãĒさけãĒくãŖãĻごめんãĒさい 」ãŖãĻéƒ¨åˆ†ã™ã”ã„č‰¯ã„ãĒãŖãĻæ€ã„ãžã—ãŸã€‚ã“ãŽč¨€č‘‰ãŒčĒ°ã‹ãĢ厛ãĻたčŦįŊĒとかじゃãĒくãĻ、ãŋãŖともãĒくãĻ情けãĒいäē‹ã‚’しãĻいるč‡Ē分がåĢŒã§č…šãŒįĢ‹ãŖãĻäģ•æ–šãĒい。č‡Ē分をč‡Ē分でåŽĨめるį‚ēぎãŋおりぎåŋƒãŽå†…だと思うんですâ€Ļ。ãŋãŠã‚Šã‚‚æ‰€čŠŽã¯æ™Žé€šãŽåĨŗぎ子だからこんãĒことしたくãĒいãĢæąēぞãŖãĻるしâ€Ļã€‚ã“ã†ã§ã‚‚å”ąãˆãĻいãĒいと晎通ではいられãĒいし、ぞだ晎通ぎåĨŗãŽå­ã§ã„ãŸã„ã¨éĄ˜ã†ãŋおりが愛しいです。

 

最垌ぎ斚は映į”ģと違ãŖãĻいたぎで新鎎ãŋがありぞした。永遠ãƒĢãƒŧプ怖い。

ãŋおりがやãŖと嚸せãĢãĒれるīŧãŖãĻ思ãŖたところでこぎčģĸčŊ。そらæŗŖきたくもãĒりぞすよね。

æŧĢį”ģį‰ˆã¯å…¨éƒ¨ãŒå…¨éƒ¨č‰¯ã‹ãŖたです。įĩĩがåĨŊき。

 

æŦĄã¯æ˜ į”ģぎ感æƒŗãĒんですが、映į”ģį‰ˆã¯åŽŸäŊœãŽå†…厚をより分かりやすくčŖœčļŗしãĻいる感じでした。æŧĢį”ģčĒ­ã‚“でからčĻ‹ãŸæ–šãŒč‰¯ã‹ãŖたãĒぁãŖãĻ思いぞした。そういうč§Ŗ釈もあるぎかãŖãĻč€ƒãˆã‚‹äŊ™åœ°ã‚‚ありぞすし。

キãƒŖ゚テã‚Ŗãƒŗã‚°ã¯č‰¯ã‹ãŖたと思いぞす。į‰šãĢワãƒŗダãƒŧæ­Ŗ光はすごいピッã‚ŋãƒĒ。

でもã‚ĢナブãƒŗãŒæą‚ã‚ãĻいたもぎと提䞛されたもぎが違うâ€Ļ。

įĸēかãĢæ­Ļį‘ ã•ã‚“ぎã‚Ģナブãƒŗは少嚴ãŖãĻいうより青嚴ですしあぎブãƒĢマ&ã‚ŋイツは合わãĒいかもしれぞせんね。

服čŖ…と喋り斚もį›¸ãžãŖãĻ儚くčĻ‹ãˆãžã—た。

æŧĢį”ģį‰ˆãŽã‚ĢナブãƒŗじゃãĒくãĻåˆĨキãƒŖナとしãĻ捉えるãĒらこれでもįĩæ§‹ã‚りです。大äēēしそうãĢčĻ‹ãˆã‚‹ã‘ãŠã‚„ã‚“ãĄã‚ƒã§æ„åœ°æ‚ĒãĒį”ˇãŽå­ã€‚晎通ãĢ有りです。

 

ãƒŠã‚šãƒˆã¯čĄ¨įžįš„ãĢã‚ĸã‚ĻトだãŖたからか全く違う内厚でæ­Ŗį›´ã€éĸį™ŊくãĒかãŖたです。ãĒんか世į•ŒčĻŗãļãĄåŖŠã—ãĻãĻ。

įĩåą€ã‚Ēチは一įˇ’でしたが。

 

映į”ģį‰ˆã¯ã€éž­æŖ„がãŋおりぎäŊ“ã‚’čļŗでåŧ•ãå¯„せる(æŠąãå¯„ã›ã‚‹īŧŸ)ã‚ˇãƒŧãƒŗがすごいいいãĒã¨æ€ã„ãžã—ãŸã€‚ã“ã“ãŽã‚ˇãƒŧãƒŗが一į•ĒåĨŊきです。

やãŖãąã‚Šå‹•ããŽã¨æ­ĸぞãŖたぞぞぎįĩĩとは全į„ļ違いぞすね。

ãŋãŠã‚ŠãŽčĄ¨æƒ…ã‚‚ã™ã”ã„č‰¯ã‹ãŖた。かわいいです。

 

(あと、映į”ģį‰ˆã¯ã‚Ģナブãƒŗぎã‚ĩãƒŧãƒ“ã‚šã‚ˇãƒŧãƒŗが多くãĻč‰¯ã„ã§ã™ã€‚åĨŗčŖ…ã‚„ã‚‰åąˆčžąčĄŒį‚ē、įœŧįƒčˆã‚â€Ļâ€Ļåēƒã„åą¤ãĢã‚Ļã‚ąã‚‹ã‚‚ãŽã§ã¯ãĒくãĻã€ä¸€éƒ¨ãŽåą¤ãĢぐいぐいæĨる感じでめãŖãĄã‚ƒãƒ•ã‚§ãƒã‚ēム感じぞした。゚ã‚ŋッフは変態。)

 

 

 

 äŊ™čĢ‡ã§ã™ãŒã€ä¸Šã§č¨€ãŖãĻいたã‚Ģナブãƒŗがį›Žã‚’čˆã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˇãƒŧãƒŗがこれです。一į•ĒåĨŊきãĒところです。
f:id:kerokopako:20170820224226j:image

äģ–ãĢももう一つį›Žã‚’čˆã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˇãƒŧãƒŗがあるぎですが、そこでは「あ〜んį›ŽãĢゴミがå…ĨãŖãŸã‚ˆã€ã¨č¨€ãŖãĻいãĻもうæœŦåŊ“可愛いãĒâ€Ļ

č‹Ĩåš˛ãļりãŖ子しãĻるį¯€ãŒã‚るんですよね。

可愛いということをč‡ĒčĻšã—ãĻãĻするå›ŗå¤Ēさとかそういう所がã‚Ģナブãƒŗぎ可愛いところです。

ずるčŗĸいというかãĒã‚“ã¨č¨€ã†ã‹â€Ļ。

 

č‰˛ã‚“ãĒキãƒŖãƒŠã‚„ã‚ˇãƒŧãƒŗãĢついãĻもう少し掘り下げたいぎですがåŒēåˆ‡ã‚ŠãŽč‰¯ã„ã¨ã“ã‚ã§įĩ‚わらせãĻ頂きぞす。ã‚ĸãƒ‹ãƒĄį‰ˆã‚‚抟äŧšãŒã‚ればčĻŗãĻ感æƒŗ書きたいです。

 

 

 

(ã‚ĸãƒ‹ãƒĄį‰ˆã¯čĻ‹ã‚Œã‚‹ã‹ã•ãˆã‚‚かãĒりæ€Ēしいですâ€Ļビデã‚Ēテãƒŧプ時äģŖぎäŊœå“ã§å°šä¸”つ、ニッチãĒ内厚ãĒぎでæĩé€šãŒå°‘ãĒいと思うぎですâ€Ļâ€Ļâ€Ļ掋åŋĩâ€Ļâ€Ļâ€Ļâ€Ļâ€Ļ)


f:id:kerokopako:20170820230824j:image

 

 

それではおやすãŋãĒさいđŸŦ💡

 

 

 

åĨŗ坑ä¸ģ 感æƒŗ

少åĨŗ地į„åŽéŒ˛ã€ŒåĨŗ坑ä¸ģ」をčĒ­ãŋぞした。

 

こぎäŊœå“ã‚’čĒ­ã‚“で、攚めãĻå¤ĸ野先į”Ÿã¯ã‚­ãƒŖナぎたãĻ斚が上手いãĒと思いぞした。

į‰šãĢįļ­å€‰é–€å¤ĒéƒŽå›ãŒč‰¯ã„ã§ã™ã­ã€‚čĒ­ã‚ã°čĒ­ã‚€ãģおįļ­å€‰é–€å¤Ē郎がåĨŊきãĢãĒりぞす。

 すごいį´ į›´ã§ã‹ã‚ã„い青嚴です。

č‹ĨくしãĻこぎ世ãĢįĩļ望しきãŖãĻおり、č‡Ē分ぎå‘Ŋを旊く捨ãĻたがãŖãĻã„ã‚‹ãŽã‚‚č‰¯ã„ã§ã™ã­ã€‚

あとįœ‰éĻ™å­æœĒäēĄäēēã‹ã‚‰é€ƒã’ã‚‹ã‚ˇãƒŧãƒŗではすごいį”ˇãŽå­ã‚‰ã—さがå‡ēãĻるんですけお、そぎ垌ãĢåĨŗ中とぎæŽĨし斚がį´ŗåŖĢįš„でčŊãĄį€ã„ãĻいるぎがグッとæĨぞすね。最éĢ˜ã§ã™ã€‚

 

四äēēãĢå›˛ãžã‚ŒãĻからæœĒäēĄäēēと2äēēきりãĢãĒãŖãĻ、「æ­ģãĢたくãĻもæ­ģねãĒいようãĢしãĻåˇŽã—ä¸Šã’ã‚‹ãŖãĻį”ŗしぞしたことおわかりãĢãĒりぞしãĻīŧŸã€ã¨č¨€ã†ãžã§äŊ•ã‚‚喋らãĒいところもたぞりぞせん。

こぎéģ™ã‚Šã“くãŖãĻいる間、äŊ•ã‚’č€ƒãˆãĻã„ãŸãŽã‹ã€ãŠã†ã„ã†čĄ¨æƒ…ã§čŠąã‚’čžã„ãĻã„ãŸãŽã‹ã€‚ãã‚Œã‚’č€ƒãˆã‚‹ã ã‘ã§ãƒ¯ã‚¯ãƒ¯ã‚¯ã—ãžã™ã€‚

å”‡ã‹ã‚‰čĄ€ãŒãĩきå‡ēるãĒんãĻäŊ™ãŖį¨‹æ‚”しかãŖたんでしょう。かãĒã‚ŠãŽč˛ ã‘ãšåĢŒã„ãŖãŊいですよね。最垌ぎ最垌でæœĒäēĄäēēが「あãĒたãŋたいãĒ可愛いおäēēåŊĸさんãĢæŽēされるãĒらæœŦæœ›ã€ã¨č¨€ãŖãĻいるぎもãĒめられãĻいãĻ中々悔しいだろうãĒぁと思いぞす。プナイドもéĢ˜ãã†ã ã—地å‘ŗãĢå‚ˇã¤ã„ãĻそうですよね。æœĒäēĄäēē厚čĩĻãĒいãĒâ€Ļ

 

čŠąãŒčĄŒãŖたりæĨたりでį”ŗしč¨ŗãĒいんですが、最初ぎ斚でæœĒäēĄäēēとįļ­å€‰é’嚴ぎたわいもãĒいäŧščŠąã¯čĻ‹ãĻãĻæĨŊしいんですけお、æŽĩã€…čŠąã—ãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢおäē’いぎことをæŽĸりæŽĸりãĢčŠąã—ãĻいるぎもéĸį™Ŋいです。

「恋愛ãĒんãĻâ€Ļâ€Ļ恋愛ãĒんãĻâ€Ļâ€Ļハハハ。恋愛ãĒんãĻäŊ•ã§ã‚‚ãĒいじゃãĒいですか。ãģんぎ一時ぎæŦ˛æœ›ã˜ã‚ƒãĒいですか。永遠ぎ愛ãĒんãĻもぎはį”ˇã¨åĨŗとがéƒŊ合ãĢよãŖãĻâ€Ļâ€Ļおäē’いãĢč¨ąã—åˆã„ãžã—ã‚‡ã†ã­â€Ļâ€ĻといãŖたåŖį´„束ãŋたいãĒもんじゃãĒいですか。お金ぎかからãĒã„éŠč•Šã˜ã‚ƒãĒいですか」
「ぞあ。ヒドイことをいうぎね」
「åŊ“り前ですよ。こぎ世ぎ中はã‚Ŋãƒŗナ様ãĒįĨžį§˜ã‚ã‹ã—ãŸå˜˜č¨€ã°ãŖかりでãŋãĄãŋãĄãĻいるんですよ。だからäŊ•ã‚‚かもブチåŖŠã—ãĻãŋたくãĒるぎです。äŊ•ã‚‚ãĒいįŠēからãŖãŊぎįœŸåŽŸãŽä¸–į•ŒãĢčŋ”しãĻãŋたくãĒるぎです」

こぎäŧščŠąã‚’čĻ‹ãĻいるとįļ­å€‰é’åš´ãŽčŠąã¯ã‚ãĒãŒãĄé–“é•ãŖãĻはãĒいとは思いぞすが、æ­ŖčĢ–ではį„Ąã„かãĒぁという感じですね。

ã“ãŽč€ƒãˆãŒã‚ãŖたからこそį‰šæ”ģãĒんãĻå‡ēæĨたんですよね。

もう一つåĨŊきãĒäŧščŠąãŒã‚るんですが、

「あるわ。čĢ–よりč¨ŧæ‹ ã€č˛´æ–šãĢæ­ģãŦぎをイヤãĢãĒらせãĻčĻ‹ã›ãžã—ょうか」
「ええ。おうぞâ€Ļâ€Ļ」
「きãŖとâ€Ļâ€Ļよござんすか」
「しかしâ€Ļâ€Ļしかしそれは一時ぎことでしょうよ。明æ—ĨãĢãĒãŖたら僕はぞたキットæ­ģãĢたくãĒるんですよ。äģŠãžã§ãĢäŊ•åēĻもäŊ•åēĻもäŊ“験しãĻいるんですからね。ハハハハ」

ここ。ここです。

äŊ•å‡Ļぞでも救えãĒい青嚴ãĒんだãŖãĻæ€ã„ãžã™ã€‚å†ˇã‚ãĻるãĒぁ。

åĨŗ坑ä¸ģãĢåˆĨãƒĢãƒŧトがあるãĒらįļ­å€‰é’åš´ãĢはį´ æ•ĩãĒ恋愛しãĻæŦ˛ã—いãĒãŖãĻ思ãŖãĄã‚ƒã„ãžã™ã­â€Ļ。

čĒ°ã‹æ•‘ãŖãĻあげãĻãŖãĻãĒã‚Šãžã™ã­ã€‚ã‚ˇã‚¯ã‚ˇã‚¯â€Ļ

 

全äŊ“ぎ感æƒŗとしãĻは、č‡Ē分もįļ­å€‰é’嚴と同じくæœĒäēĄäēēãĢ騙されãŖãąãĒしでした。æĩįŸŗ銀嚕゚ã‚ŋãƒŧだãŖただけありぞすね。

でも逆ãĢįļ­å€‰é’åš´ãŽčŠąã‚’čžãã€æ‚˛čĻŗしãĻいる時はæœĒäēĄäēēぎ斚ãĢ感情į§ģå…Ĩしぞした。

ハナハナしãĻéĸį™ŊかãŖたです。

įļ­å€‰é’åš´ãŽäžĄå€¤čĻŗã‚‚č‰˛ã€…č€ƒãˆã•ã›ã‚‰ã‚Œã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ãŖたし、å¤ĸ野先į”ŸãŽæœĒäēĄäēēãĢ寞するäŊ“ãŽčĄ¨įžãŒå‡„いãĒぁと思いぞした。文įĢ ã ã‘でč‰ļã‚ã‹ã—ã•ã‚„č‰˛æ°—ãŒæ„Ÿã˜å–ã‚Œãžã—ãŸã€‚

 

あと、å¤ĸ野先į”ŸãŽã€Œå‰ĩäŊœäēēį‰ŠãŽåå‰ãĢついãĻ」をčĒ­ã‚“だんですけおやãŖãąã‚Šåå‰ãĢé–ĸしãĻすごい思いå…Ĩれがあるäēēだと思いぞした。

「äŊ•ã‚“でもãĒい」ぎä¸ģäēēå…Ŧ、å§Ģ草ãƒĻãƒĒ子も名前からしãĻįžŽã—さや儚さがå‡ēãĻいãĻį´ æ™´ã‚‰ã—いと思いぞす。「åĨŗ坑ä¸ģ」ぎ新åŧĩįœ‰éĻ™å­ã¯č‰˛æ°—がæŧ‚ãŖãĻいãĻ、ãƒĻãƒĒ子よりもč‹Ĩåš˛å¤§äēēãŖãŊさがある名前ですね。やãŖãąã‚Šåå‰ã¯åŽŸåœ¨äēēį‰Šã ã‚ã†ãŒå‰ĩäŊœäēēį‰Šã ã‚ã†ãŒå¤§åˆ‡ã ã¨æ€ã„ぞした。

 

 

äēēãŽéĄ” 感æƒŗ

įˆŦč™Ģ館äē‹äģļåŽéŒ˛ã€å¤ĸ野久äŊœã€ŒäēēãŽéĄ”ã€čĒ­ãŋぞした。

ãžãšæœ€åˆã¯ã€ãƒã‚¨å­ãŽč¨€å‹•ã‚„įžŗãŒå¤§ããč‚ŒãŒį™Ŋいという外čĻ‹ã‚‚į›¸äŋŸãŖãĻ不気å‘ŗãĒå°čąĄã‚’å—ã‘ãžã—ãŸã€‚
しかしį‰ŠčĒžã‚’é€˛ã‚ãĻčĄŒãã¨ã€ã€Œãƒãƒ§ã‚ŗチョã‚ŗ」という歊くéŸŗ、母ãĢå†ˇãŸãæŽĨされæŗŖき喚くå§ŋ、やãŖãąã‚Šåš´į›¸åŋœã ãĒと思いぞす。かわいいãĒ〜

あとはæ´ģ動æ´ģå‹•ã¨č¨€ãŖãĻいるぎをčĻ‹ãĻ、äŊ•ãŽã“とかã‚ĩッパãƒĒだãŖたんですが映į”ģぎことを指しãĻいたんですね。かつãĻ映į”ģをæ´ģ動写įœŸã¨å‘ŧんでいたことかららしいです。äģŠã§ã¯ãã†ã„ã†čĄ¨įžã¯čžã‹ãĒいぎで勉åŧˇãĢãĒりぞした。

「ã‚ĒイéŖ¯ã éŖ¯ã ã€‚č˛´æ§˜ã‚‚æ—Šãäģ•čˆžãŖãĻ支åēĻをしろ。これから三äēēでæ´ģ動をčĻ‹ãĢčĄŒãã‚“ã ã€
「エâ€Ļâ€Ļâ€Ļâ€Ļ」
「æ´ģ動をčĻ‹ãĢゆくんだâ€Ļâ€Ļå››č°ˇãĢâ€Ļâ€Ļ」
 おįĩĻäģ•į›†ã‚’さしå‡ēしかけãĻいた母čĻĒãŽéĄ”ãŒãŋるãŋる暗くãĒãŖた。

įˆļが3äēēでæ´ģ動ãĢčĄŒãã¨č¨€ãŖた時、母が不čĒŋã‚’č¨´ãˆãĻはじめはäŊ•æ•…æ´ģ動ãĢčĄŒããŽã‚’åē•ãžã§åĢŒãŒã‚‹ãŽã‹åˆ†ã‹ã‚Šãžã›ã‚“でしたが、į´”į˛‹ãĢぞたあぎ通りでチエ子がã‚Ēジã‚ĩãƒžãŽčŠąã‚’ã—å‡ēすぎをéŋけたぎでしょう。個äēēãŽč€ƒãˆã§ã™ãŒã€‚

それでもチエ子は帰り道でįˆļãĢ言ãŖãĻいぞしたね。
ぞだ子おもãĢはいけãĒã„ã“ã¨ã¨č¨€ã†čĒč­˜ãŒį„Ąã„ãŽã§čŠąãŽčŠąéĄŒãĢãĒã‚Œã°ã¨ã„ã†æ°—æŒãĄã§č¨€ãŖたぎかãĒ。でも1åēĻæŗ¨æ„ã•ã‚ŒãŸã‹ã‚‰ãã‚Œã¯į„Ąã„かãĒぁ。į™ēčĻ‹ã‚’čžã„ãĻæŦ˛ã—かãŖただけかもしれぞせん。こういうį‚šãĢįŊŽã„ãĻは子おもらしいです。
チエ子はäēēãŽéĄ”ãŒčĻ‹ãˆãĻしぞうことãĢついãĻは怖くãĒいぎですね。įœ ã‚ŒãĒã„ãŽã‚’čŠąã—ãĻã„ãŸæ™‚ã¯éĄ”ã‚ˆã‚Šã‚‚å¤œãĢãĒると周りぎį¯ãŒæļˆãˆãĻしぞうことãĢついãĻ銚いãĻいぞしたし。į‰ŠåŋƒãŒã¤ã„た頃からčĻ‹ãˆãĻいたぎでしょうかīŧŸãƒã‚¨å­ãĢとãŖãĻはもう切ãŖãĻも切れãĒいįžčąĄãĒぎでしょうかīŧŸ

そうしãĻ、äē‘いわけをするかぎようãĢãƒĸジãƒĸジと、小さãĒ指をさし上げた。
「â€Ļâ€ĻこãĒいだはâ€Ļâ€Ļã‚ĸã‚Ŋã‚ŗãĢâ€Ļâ€Ļおįˆļã•ãžãŽãŠéĄ”ãŒã‚ãŖたぎよâ€Ļâ€Ļ」

あとこぎチエ子ぎį™ē言ãĢはéĻ–をかしげぞした。
これはįˆļčĻĒへぎフりロãƒŧīŧŸãƒã‚¨å­ãĢとãŖãĻã¯č¨€ã„č¨ŗだãŖたぎでしょうかīŧŸ
こぎã‚ģãƒĒãƒ•ãŒãƒŠã‚šãƒˆã‚ˇãƒŧãƒŗãĒぎも気ãĢãĒりぞした。
ここから垌ぎäŋŽįž…場はč‡Ē分でæƒŗ像しろという意があるんですかね。
ナ゚トが1į•Ē気ãĢãĒりぞす。

čŠŗしくčĒŋずãĻãŋたら、チエ子ぎäēēãŽéĄ”ãŒčĻ‹ãˆã‚‹ãŽã¯ãƒ‘ãƒŦイドニã‚ĸã¨ã„ã†ã‚‚ãŽã ã¨ã„ã†č€ƒãˆãĢčŊãĄã¤ããžã—ãŸã€‚

あとį°Ąå˜ãĒ感æƒŗはこぎæ­ĒãĒé–ĸäŋ‚、チエ子ぎ不気å‘ŗãĒところや子おもらしいį´”į˛‹ã•ãŒč‰¯ã‹ãŖたです。