少女椿を観ました

少女椿の原作、映画共に見させて頂きました。私は映画を先に見てから原作である漫画の方を見ました。

 

まず漫画版少女椿の感想なんですが、漫画版はストーリー性よりも絵の綺麗さが優先されてると思いました。

カナブンが目を舐められているコマもストーリーの一部って言うより1枚の絵として見れます。あと、最初の方のみどりが鶏を食いちぎっているとことか。

みどりのゲロシーンも全然不快さがありませんでした。

そしてたまにギャグが入るのもびっくりしました。予想外。

 

あと、最初にある詩の「みっともなくてごめんなさい なさけなくってごめんなさい 」って部分すごい良いなって思いました。この言葉が誰かに宛てた謝罪とかじゃなくて、みっともなくて情けない事をしている自分が嫌で腹が立って仕方ない。自分を自分で宥める為のみどりの心の内だと思うんです…。みどりも所詮は普通の女の子だからこんなことしたくないに決まってるし…。こうでも唱えていないと普通ではいられないし、まだ普通の女の子でいたいと願うみどりが愛しいです。

 

最後の方は映画と違っていたので新鮮みがありました。永遠ループ怖い。

みどりがやっと幸せになれる!って思ったところでこの転落。そら泣きたくもなりますよね。

漫画版は全部が全部良かったです。絵が好き。

 

次は映画の感想なんですが、映画版は原作の内容をより分かりやすく補足している感じでした。漫画読んでから見た方が良かったなぁって思いました。そういう解釈もあるのかって考える余地もありますし。

キャスティングは良かったと思います。特にワンダー正光はすごいピッタリ。

でもカナブンが求めていたものと提供されたものが違う…。

確かに武瑠さんのカナブンは少年っていうより青年ですしあのブルマ&タイツは合わないかもしれませんね。

服装と喋り方も相まって儚く見えました。

漫画版のカナブンじゃなくて別キャラとして捉えるならこれでも結構ありです。大人しそうに見えるけどやんちゃで意地悪な男の子。普通に有りです。

 

ラストは表現的にアウトだったからか全く違う内容で正直、面白くなかったです。なんか世界観ぶち壊してて。

結局オチは一緒でしたが。

 

映画版は、鞭棄がみどりの体を足で引き寄せる(抱き寄せる?)シーンがすごいいいなと思いました。ここのシーンが一番好きです。

やっぱり動くのと止まったままの絵とは全然違いますね。

みどりの表情もすごい良かった。かわいいです。

 

(あと、映画版はカナブンのサービスシーンが多くて良いです。女装やら屈辱行為、眼球舐め……広い層にウケるものではなくて、一部の層にぐいぐい来る感じでめっちゃフェチズム感じました。スタッフは変態。)

 

 

 

 余談ですが、上で言っていたカナブンが目を舐められるシーンがこれです。一番好きなところです。
f:id:kerokopako:20170820224226j:image

他にももう一つ目を舐められるシーンがあるのですが、そこでは「あ〜ん目にゴミが入ったよ」と言っていてもう本当可愛いな…

若干ぶりっ子してる節があるんですよね。

可愛いということを自覚しててする図太さとかそういう所がカナブンの可愛いところです。

ずる賢いというかなんと言うか…。

 

色んなキャラやシーンについてもう少し掘り下げたいのですが区切りの良いところで終わらせて頂きます。アニメ版も機会があれば観て感想書きたいです。

 

 

 

(アニメ版は見れるかさえもかなり怪しいです…ビデオテープ時代の作品で尚且つ、ニッチな内容なので流通が少ないと思うのです………残念……………)


f:id:kerokopako:20170820230824j:image

 

 

それではおやすみなさい🐬💡